総量規制法とカードローン

2010年に採択された総量規制法というものがあります。これは年収の3分の1以上の貸し付けを禁止する法律です。(…カードローンと貸金業法)総量規制の対象は、個人です。企業や個人が事業用に利用する場合は当てはまりません。細かい法律の話はやめましょう。カンタンに言います。収入のない専業主婦などは借り入れを利用できないということです。厳しいと思うかもしれませんが、実際は、借り入れ側を守る法律としてつくられました。


<総量規制法の対象外にあたるカードローン>

収入がなくてもカードローンの契約はできます。例えば、専業主婦などでもだいじょうぶです。総量規制法の対象外にあたるカードローンがあります。対象外というと怪しい裏の商売のような響きに聞こえますが、決して危ない商品ではありません。逆にものすごく安全で安心な銀行系のサービスです。


<銀行系のカードローン>

銀行系の大きなメリットは何といっても安い金利でしょう。銀行なら、自分の名前、つまり、家族や知人の誰にも内緒でカードローンを契約することができます。専業主婦でも、旦那の同意書は要りません。身分を証明できるものと、申込書に正しく書くぐらいでしょうか。もちろん、良い話ばかりではありません。借り入れの限度額がそれほど高くなく、それだけは頭に入れておいてください。ただ、いざとなったときの備えには最適な選択だと思います。