カードローンは複数から借りる場合の注意点

カードローンを新たに申し込みする場合、既に他者から契約があっても、契約することは可能となっています。ただし、複数からの借り入れはそれなりにデメリットも大きくなりますので、そこは注意しなければなりません。


<複数社からの借り入れは高金利になりがち>

50万円以下のカードローンの小口融資を受けている場合、その少額差さゆえに金利が高くなってしまう傾向にあります。(…カードローンの金利について)そのため、複数から借りているとその分だけ金利もかなり高くなってしまいます。本来ならば、1つの契約先で多額のお金を借りれることがベストです。しかし、1つの借入先の限度額は決まっていますし小口融資なら契約もしやすいために複数の会社と契約する人もかなりいるみたいです。


<カードローンを返済するときが特に大変>

金利が高くなるという事は当然、返済するのも大変であるという事になります。金利がかなり高くなりますから、利息付きの返済総額も大きくなりがちです。そして、複数から借りているのでどうしても返済が煩雑になってしまうのです。こういった複数から借りることで伴ってくるデメリットは避けようがありません。返済が苦になってきたら、おまとめローンを利用するなどして新たな借り換えを行い借入を一本化することを強くお勧めします。