カードローンは何処で申し込める?

一度審査に通過する事で以降カードを利用すれば借用書無しで融資を受ける事が出来るサービス「カードローン」を扱っているのは主に貸金業と呼ばれるジャンルの機関になります。(…その日の内から始められるカードローン)また貸金業者の中でも銀行と消費者金融は特に広いシェアを持ち、現在カードローンは大きく銀行系の商品とノンバンク(消費者金融)系商品に二分する事が可能です。銀行と消費者金融どちらのカードローンであっても保証人や担保無しで利用目的自由な融資を受ける事が可能です、しかし銀行の商品と消費者金融の商品間には大きなスペック差がありそれぞれ向き不向きが存在します。銀行系商品が効果的なシーンで消費者金融の商品を利用する、あるいは消費者金融系の商品が有効なシーンで銀行系の商品を利用する事で本来被る事のない出費を被る可能性すら出てきます。そこでまずは銀行系カードローンと消費者金融系カードローン両方の特性を学び、自分が借りる場合どちらで申し込むのが有効かを見極められるようになりましょう。


銀行系カードローンについて

まず銀行系カードローンはその名前の通り銀行が取り扱っているカードローンになります。預金業務によって甚大な資金プールがある銀行の商品である事からその多くは高い限度額を有しています。また資金調達コストがかからない事から消費者金融系の商品に比べ最低金利最高金利共に低めの傾向にあります。さらに貸金業者の中で唯一総量規制の対象に無条件でならないという特性がある事から大口融資を得意としています。 銀行

反面銀行系商品は審査通過が難しくまた審査にかかる時間が長い傾向にあると言われています。銀行は貸金業務以外に預金業務と為替業務を行っており貸金業務とあわせてこれらを銀行三代業務と呼びます。つまり銀行の場合「貸金業務」は業務全体の1/3の割合しか占めていない為他の業務に支障が出ないよう銀行の運営はかなり保守的です。少しでも完済できないリスクのある人間は審査に通り辛く、カードローン自体の性能こそ高いものの比較的年収が高く信頼度の高い人しか利用できないといった印象があります。


消費者金融系カードローンについて

一方消費者金融系のカードローンは銀行に比べてかなり審査が甘く通りやすいと言われています。また審査にかかる時間も短くスピードの早い商品なら申し込んだその日のうちに融資を受けられる即日融資にも対応した商品があると言われています。ただし審査が甘いということはそれだけ完済できないリスクを抱えた相手に融資をする機会も多く銀行に比べてやや運営面で不安定な部分があります。また消費者金融側も最初から全員が完済できるとは思っていない節があり、多少完済できない人が現れても経営が傾かないよう高めの金利設定をしている傾向があります。また銀行に比べると限度額が低く総量規制の対象にもなるのでどちらかといえば小口融資に向いていると言えます。消費者金融のビジネスモデル自体がそもそも銀行の審査に落ちた人を拾う形と言っても過言ではないでしょう。銀行の審査を待てない急ぎでお金が必要な人、あるいは銀行の審査を通過できなかった返済能力に不安のある方が主に消費者金融系商品は利用する印象です。

カードローンと審査