カードローンの金利について

カードローンを利用する上でどうしても気になるのが金利の存在です。(…その日の内から始められるカードローン)金利はカードローンによって借りたお金の金額と期間に応じて返済額にプラスされる手数料「利息」の多い少ないを左右する数字です。例えば100万円を1年借りたと仮定した場合金利が15%のA社なら利息は150,000円になりますが、もし12%のB社で借りていた場合の利息は120,000円になります。一月換算した場合でもA社とB社の間には毎月2,500円の差が出てくるのであまり馬鹿には出来ません。出来る事ならカードローンを利用する際には金利の低い商品を利用したいものです。


カードローン金利のルール

ところでカードローン商品の多くは金利が〇.〇%~〇〇.〇%のようになっている事はご存知でしょうか。金利には最低金利と最高金利が存在し、その名前の通り最低金利はその商品で融資を受けた際契約できる最も少ない金利を示し、最高金利はその商品で融資を受けた際架せられる最も多い金利を示します。そして金利はこの最低金利と最高金利の間の数値で決められ契約が成されます、ただこの金利は何も金融機関のさじ加減で決まっているわけではありません。 金利チェック

何%の金利で融資を受けられるかは主に借りたお金の金額によって決められています。金利設定のアルゴリズムとしてはまず借入額が多いほど最低金利に近い数字でお金が借りられるようになっており、逆に融資額が少ないほど最高金利に近い数字での融資となります。そのためカードローンを選ぶ際には融資希望額が大きい場合最低金利の低い商品を、融資希望額が少ない場合最高金利の低い商品を選ぶ事で利息を抑える事が可能です。因みに大前提として同じカードローン商品ならどちらかというと消費者金融系より銀行系のほうが最低金利最高金利共に低めの傾向にあります。


法定金利について

なお融資額が多いほど金利が低く融資額が低いほど金利が高いというこのシステムの裏には法定金利の存在があります。一昔前の日本では金融機関が設ける事の出来る金利に制限はなく、また規制された後もグレーゾーン金利によって長らく法外な金利が架せられていました。しかし近年貸金業法がきちんと制定、改定される事で以前のような高い金利が設けられる事はなくなりました。具体的には100万円以上の融資に対し15%、100万円以下10万円以上の融資に対し18%、10万円以下の融資に対し20%が現在金融機関の設ける事ができる金利の上限になっています。またこの法定金利において金利が融資額と逆比例していることから多くの金融機関でも同様のアルゴリズムが取られています。ただし決められた期限までに決められた金額が返済できなかった場合発生する遅延損害金と呼ばれる追加利子が発生しこちらは法定金利をしばしば超えることがあります。金融機関が設ける事のできる遅延損害金は法定金利の1.46倍が最大となっており、例えば10万円以下の借入に発生した遅延損害金なら20%×1.46の29.2%に相当する利息が要求されることになります。

カードローンと貸金業法