カードローンと審査

カードローンは保証人担保無しで利用目的が自由なお金を借りる事が出来る便利な商品ですが、利用する為には金融機関各社が設けている審査に受かる必要があります。(…その日の内から始められるカードローン)何も銀行や消費者金融は慈善事業として金貸しをやっているわけではなく、きちんと貸したお金が返ってきて尚且つ少し利息が上乗せされる事で利益が生まれる列記としたビジネスです。その為金融機関にとって最も怖いのは貸したお金が返ってこない事であり、カードローン利用の希望者にはきちんと借りたお金を返せる事が強く求められています。その為私たちはカードローンを利用するにあたり自分が借りたお金を返せる経済力があり、また信用できる人間である事を審査において金融会社に証明しなくてはなりません。


カードローンの審査基準

カードローンの審査では主に金銭面、性格面、そして資産面において自分が信用できる人間である事を証明していく事になります。まず金銭面の審査ではあなたの収入や雇用形態、現在の勤め先での勤続年数や他社からの借入額などを確認される事になります。当然年収は多いほうが、また現在の借入額や借入先数は少ないほうが審査に通過する可能性が高くなります。また性格面の審査では主に信用機関によって記録されているあなたの信用情報を照会する事であなたのキャラクターを見極めます。具滝的には過去に公共料金やクレジットカード代金の支払いを滞納した人や未払いのある人、自己破産や債務整理といった法的手続きの記録がある人などはカードローンの利用が困難です。 審査

最後に資産面ですがこれは住居情報や車の有無などお金以外の資産をあなたがどの程度持っているか確認します。カードローン自体は無担保無保証人でも利用する事が可能ですが、いざとなった時お金にできるものを持っている方とそうではない方なら当然前者のほうが安心して貸せるという訳です。また借家よりは持ち家、携帯電話より固定電話、未婚より既婚のほうが審査では有利とされていますがこれは借家携帯電話未婚の場合フットワークが軽く夜逃げしやすい事から警戒対象になる為です。金銭性格資産全てにおいてあなたが誠実な人間である事が証明されれば無事カードローンの利用は可能となります。


審査における注意点

ただし前述の条件を満たしていても審査に落ちてしまう可能性もあります、そこでここではどうような場合審査で十分な成績を取っているにも関わらず落ちてしまうことがあるのかを紹介します。まず勤続年数が半年(1年)以内の場合審査に落ちてしまうことがあります。カードローン商品の多くは申し込み条件に「安定した収入がある事」と記載しており勤続年数が短い場合、この申し込み条件を満たさない場合があるということです。また既に4社以上からお金を借りている方や借入総額が年収の1/3を超えている、つまり総量規制の対象になっている方は審査通過が難しくなります。あとは申し込み内容の虚偽の内容や嘘、誤字や脱字が認められた場合もこの人物は信用ならないという事から審査に落ちてしまいます。最後に申し込みは一度に3社以内に留めるようにしましょう。一定期間内に複数の会社に申し込んだ場合、この申込者は余程の事情があってお金がとにかく必要な切迫した人だという風に見做される為、何かしらの事件に巻き込まれまいと金融機関側が融資を躊躇います。申し込みブラックとも呼ばれその会社は勿論以降どのカードローン会社の審査にも通り辛くなるので注意が必要です。

カードローンと即日融資